美白におすすめな野菜はパプリカ!

美白と野菜のパプリカが?って思った人も多いでしょう。美白に大事なビタミンCはレモンに多く含まれていますが、そのレモンの2倍とも3倍とも言われているのがパプリカなのです。パプリカってピーマン?色って関係があるの?などと1つずつ疑問を解消していきましょう。

*

美白でお悩みなら医薬品でもある美白クリーム「コスメライトクリーム」がおすすめ

シミや美白に悩みがある場合におすすめなのはコスメライトクリームです。

コスメライトクリームは、美白やシミの改善が期待が出来る有効成分のハイドロキノン・トレチノイが配合された美白用医薬品です。配合されているハイドロキノンが配合されたクリームは、海外ではシミの治療薬として用いられています。ビタミンCやプラセンタなどのようなシミ予防だけではなく、メラノサイトに働きかけ出来てしまったシミに効果を発揮します。

イドロキノンは消す効果と予防に発揮

ハイドロキノンはシミなどの原因となるメラニン合成酵素の1つであるチロシナーゼなどの阻害薬で、メラニンの合成を阻害するためシミが作られません。

メラニン色素を作る細胞のメラノサイトに対して細胞毒性を持っているため、メラニン合成を阻害してメラニンで出来ない肌環境にすることが期待の出来るクリームです。またシミ予防だけではなく、色素沈着して出来たシミを消す効果があるために「肌の漂白剤」とも言われているのは有名です。

トレチノインはピーリングの効果

コスメライトクリームは肝斑治療にも利用されるクリームでもあり、ハイドロキノン以外にトレチノインが有効成分が配合されています。

トレチノインの成分は肌の新陳代謝を上げて肝斑などを取り除き、その効果はビタミンAの約100倍で、穏やかなピーリング効果がありメラニン色素のある肌細胞を浮かび上がらせて取り除きます。出来てしまったシミやそばかすだけではなく新しく作らせないため白い肌に導くことが期待は出来ます。

また、ハイドロキノンととても合っていて効果を大幅に増幅させることが期待が出来ます。そのためこの2つの成分は合わせて使用されることが多く、コスメライトクリームにはこの2つの成分が配合されているクリームです。

塗ったままで紫外線を浴びるのは注意

普段から美白を心がけている、シミが多くなってきた、肌のくすみが気になるなど肌の悩みがある場合には使うと良いクリームです。

使い方は、洗顔で汚れを落として化粧水で肌を整えた後に肌の気になる箇所に塗布します。一般的には安全性が高いクリームですが、妊娠中や授乳中、妊娠を考えている場合には流産や早産の危険性があるため使用してはいけません。サプリメントや投薬を受けている場合は必ず医師に相談してください。

このクリームを塗布している間は肌バリアの機能を低下させることがあるため、クリームを塗ったまま紫外線を浴びるとシミが出来る原因にもなるため夜の手入れ時がおすすめです。季節に関わらずUVカット用品などで紫外線対策をして肌の状態を整えるように、肌の新陳代謝を上げメラニン色素を排出しやすい体質に体内から改善することも大切なことです。

公開日: